MacBook-Pro-16_top-3

Adansons.ai

センサーデータから
貴社独自のAIを
早く確実に開発・運用。

※ベータ版製品につき限定提供

デモを依頼する

製品の特長

MacBook-Pro-16_step1-3

STEP1|AIを適切に仮説立案

  • 目的と仮説から検証すべき課題を絞り込む
  • サンプルデータを基礎解析し、データドリブンで考える
  • 必要なAI技術とデータ・コスト・スケジュール・必要作業・ロードマップを洗い出す
MacBook-Pro-16_step2-1-1

STEP2|AIを見ながら開発・検証

  • 少データで低コスト・クイックに開発
  • ノイズに強いアルゴリズムで過学習抑制
  • 検証結果から推論根拠の確認し、更新
MacBook-Pro-16_step4-1

STEP3-4|AIモデルを導入・運用

  • 貴社専用のモジュールとしてご提供
  • 入力データの傾向変化を察知・アラート
  • AIモデルを自社で再学習・更新

こんな方におすすめ

IoT製品の新規事業担当者の方

センサーデータからAIを開発するプロジェクトの担当者の方

ノイズが多く既存AI技術では解析困難なデータでお困りの方/
解析結果の解釈ができず仮説検証が進まず困っている方

データの事例

触覚、匂い、音声、心電などの生体信号、体動データ

取引先企業一例

アセット 1

選ばれる理由

技術

東北大学が発明した新理論AI、参照系AI(国際特許出願中)を使用。

  • ノイズに強く過学習しにくい
  • 少データで高精度を実現
  • 完全ホワイトボックス性能を実現
  • 心電や匂いや触覚などの直感的に特徴量を理解できないデータに対応

豊富なサポート

  • 全ての工程を弊社プロフェッショナルがサポートします
support

価格体系

  • 貴社のリスクとリターンと同期した価格構造になっています
cost